買って良かった!タミヤのペインティングブースⅡ(ツインファン)のレビュー

タミヤのペインティングブースⅡ(ツインファン)を購入しました!

プラモデル製作、とりわけスプレー塗装の際に問題となるのが、部屋に飛び散る塗料のミストとシンナー臭です。

部屋は汚れるし、なにより健康上良いわけがありません。

同居の家族からもクレームが出ることでしょう。

当然我が家でもクレオスの塗装ブースで対策はしていたのですが、長年(と言っても5年ほど)使ってくたびれてきたのか、メンテナンスが悪かったのかは定かではないが、全くと言ってよいほど吸引しなくなってしまいました。

塗装ブース無しでのスプレーワークは考えられないので、Amazonでポチってしまったのがタミヤのペインティングブースです。

目次

タミヤの塗装ブースにした理由

マイナーなメーカーの物はさておき、塗装ブースは事実上タミヤかクレオスの二択です。

クレオスがダメならタミヤという単純な動機ですが、タミヤ独自のツインファンはどれほど強力なのか試してみたかったというのが購入の理由です。

また、コストパフォーマンスの高さも購入を決定した要因で、ツインファンでありながらクレオスのシングルファンとさほど変わらない価格も魅力です。

自作すれば最強なのでしょうが、技術的に自信がなかったのと、なんだかんだとパーツを揃えていったらそれなりの値段になりそうなので、今回は見送りました。

開封組み立て

いろいろなサイトを見て検討しましたが、最安で送料無料のAmazonで注文しました。

やけにでっかい箱で届きました(笑)

IMG_2005

中身は半分くらいの大きさです。

IMG_2006

開封するとまず出てきたのが排気ホースで蛇腹構造になっていて伸縮します。

最大に伸ばした時の長さは約1メートルです。

IMG_2012

続いてシロッコファンが2つ。

それぞれに電源コードが付いています。

IMG_2013

最後に本体です。

収納時のサイズは40×33×30センチですが、飛散防止のフードを取り付けるともう少し大きくなります。

IMG_2017

ドライバーで(ネジ8本)本体にファンを取り付けます。

IMG_2019

排気ホースと飛散防止フードを取り付けて完成です。

IMG_2023
IMG_2025
IMG_2026

スポンジ製のフィルターは立体構造になっていて、タミヤ曰くこの構造により高効率にミストを吸引&吸着できるそうです。

交換は少々面倒くさいかもしれません。

IMG_2016

設置

今まで使っていたクレオスの塗装ブースですが、残しておいてもしょうがないので廃棄します。

IMG_2029

タミヤのペインティングブースⅡ(ツインファン)設置完了です。

クレオスに比べて、横幅はかなりコンパクトになりました。

余談ですが、タミヤのブースはフードが付いているため手元が意外と暗くなるので、写真のようにZライト使ってを後ろから手前に回り込ませると明るくて快適です。

タミヤのペインティングブースⅡ(ツインファン)

排気ホースはこんな感じで取り回しました。

排気ホースの長さは最大に伸ばして約1メートル程度なので、窓が遠い場合は別売りの延長ホースを使う必要があります。

IMG_2034

使ってみた感想は

良かったところ

お約束のティッシュペーパー吸い付き実験です。

3枚吸い付けば良しとしようと思っていたのですが、なんとなんと、10枚貼り付いてしまいました!これには正直びっくり。

買って良かったと実感する瞬間です!

これに気をよくしてさっそく本番塗装をやってみましが、塗料のミストをぐんぐん吸い込んでくれます。

塗装ブースとして全く問題ありません。これ以上の吸引力を求めるならば自作するしかないでしょう。

IMG_2031

イマイチなところ

性能的にも価格的にも合格点ですが、イマイチな点が無いわけでもありません。

フィルターを交換する際にネジを6個もはずさなくてはならないのが意外と面倒です。

ランニングコストも掛かるので、私は換気扇用のフィルターを付けられるようにプチ改造しました。

まとめ

タミヤのペインティングブースⅡ(ツインファン)は期待以上の製品でした。

クレオスのスーパーブースより吸引力が強く、これといった欠点も見当たらないので、両者で迷われているのでしたら私はペインティングブースⅡ(ツインファン)をおすすめします。

タミヤ エアーブラシシステム スプレーワーク ペインティングブースII ツインファン【Amazon】

タミヤ AO-7019 ペインティングブース用 排気ホース【Amazon】

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次