プラッツ・ポルシェ935K3 1/24の製作記(9)

本ブログではアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

プラッツ(nunu)のポルシェ935K3を作っています。

ボディの研ぎ出しが終了したので、ウィンドウ回りを仕上げていきます。

通常であれば、ボディをマスキングして窓枠の塗装をするのですが、プラッツ(nunu)の面白いところは窓側(クリアーパーツ)に窓枠が付いているところです。

ボディをマスキングするより格段に楽なので、これはこれでアリなのかなぁと思います。

ちなみに、リアウィンドウの窓枠は塗装ではなくデカールを貼るようになっています。

ウィンドウの取り付けにはデコプリンセスを使いました。

あわせて読みたい
クリアーパーツやメッキパーツの接着にはデコプリンセスがお勧め 今回紹介するデコプリンセスは、本来、ネイルや携帯ケースなどをデコる際に使うラインストーン用の接着剤なのですが、プラモデルのクリアーパーツやメッキパーツの接着...

続いてフォグランプ?ヘッドライト?も仕上げました。

写真では分かりにくいのですが、カバーはクリアーパーツで、デカールによって縁取りされています。

ただ、このデカールは縁だけではなくて全面がデカールになっています。

つまり、縁以外の部分は透明のデカールなので、貼り付けると透明度が低下してしまいます。

貼り付け作業自体は非常に楽なのですが、悩ましいところですね〜

腕に自信のある方は、切り抜いて縁だけ貼ってあげるとよいかと思います。

プラッツ・ポルシェ935K3 1/24【Amazon】

本日はここまで。

次の記事

あわせて読みたい
プラッツ・ポルシェ935K3 1/24の製作記(10) プラッツ(nunu)のポルシェ935K3を作っています。 本日で完成させます。 いろいろあったプラッツ(nunu)ですが、ここまでくればもう何事も起こらないだろうと思いきや...

最初の記事

あわせて読みたい
プラッツ・ポルシェ935K3 1/24の製作記(1) 本日よりプラッツ(nunu)のポルシェ935K3を製作していきます。 nunuは海外のメーカーで、日本では有限会社プラッツが輸入販売しています。 少し前にnunuのAudi R8 LMS ...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次