アオシマ・LBワークス ランボルギーニ アヴェンタドール リミテッドエディションVer.1 1/24の製作記3【内装の組み立て】

 

ページに広告が含まれる場合があります

 

アオシマのランボルギーニアヴェンタドールを製作しています。

今回は内装を仕上げました。

説明書では内装の基本色はブラックなのですが、レッドの作例も載っていたので模型映えするレッドを選択しました。

目次

個々のパーツの組み立て

塗装にはクレオスのハーマンレッドを使用しました。

成型色がブラックの為そのままレッドを塗っても沈んだ色になってしまうので、下地にピンクのサーフェイサー(クレオス)を吹いた後にレッドで塗装しています。

シート

塗装後、ヘッドレストの部分にランボルギーニのデカールを貼っています。

説明書ではシートベルトのバックルも塗り分けるようになっていますが、どうせ見えなくなるので未対応です。

インパネとハンドル

インパネとハンドルは全体をラッカー系のハーマンレッドで塗装した後、エナメル系のセミグロスブラックとシルバー(タミヤ)で筆塗りしました。

エナメル系を使ったのは、もし失敗しても拭き取りができるためです。

ちなみに本キットには上のような「シール」も付属していますが、凸凹したインパネ面にシールを貼るのは無理があるので必然的に塗装せざるを得ません。

ダッシュボード

ダッシュボードはさすがに筆塗りとはいかないので、きちんとマスキングしてエアブラシで塗装しました。

予めレッドで塗装しておき、残す部分をマスキングした後セミグロスブラック(タミヤ・ラッカー)で塗装しています。

マスキングを剥がしてデカールを貼るとこんな感じになりましたが、なかなか格好良いのではないでしょうか。

スピードメーター類

スピードメーター類ですが、ここも凹凸があるにもかかわらず「シール」しか用意されていません。

デカールであれば軟化剤で無理やりといった対応もできるのですが、仕方がないのでシールを3分割して誤魔化しました。

ドア内側

ドア内側の取っ手とスピーカー部分ですが、レッドを塗った後セミグロスブラックで塗装しました。

取っ手の直線部分はマスキングをしてエアブラシを使い、R部分が曲者のスピーカーは筆塗りで誤魔化しています。

内装の組み立て

内装が完成しましたが、私個人の考えでは屋根とウィンドウが付けばほとんど見えなくなるので、それほど入念に手を入れなくても良いと思っています。

その分ボディに時間を割いた方が効率的ないでしょうか。

1/24 アオシマ・LBワークス ランボルギーニ アヴェンタドール リミテッドエディションVer.1 【Amazon】

本日はここまでです。

次の手順

最初の記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次